歯科衛生士はどんな職業?試験や年収などのよくある疑問解決について分かりやすくご紹介します

このサイトでは、歯科衛生士を目指す人にとって、どんな職業であるのか、なるために必要な試験やどのような場所で働くことができるのか年収はどれくらいなのか、などのよくある疑問点について解決できるような情報をわかりやすく紹介していきます。
ライフステージが変化しても働きやすい職業であり、ブランクが生じてもセミナー等の支援が手厚く職場復帰がしやすいため、特に女性において年々人気が高まっています。
なおこの記事は現役の資格保有者が記載しています。

歯科衛生士はどんな職業?試験や年収などのよくある疑問解決について分かりやすくご紹介します

歯科衛生士を目指そうと考えた時に、どのような職業であるのか?必要な試験や資格は何か?勤務先はどのような場所なのか?年収はどれくらいなのか?など多くの疑問が生じることと思います。
歯科衛生士は歯科診療の補助・歯のクリーニングなどの歯科予防処置・歯科保健指導の3点を主な業務としています。
必要な資格は歯科衛生士資格で、毎年3月ごろに行われる国家試験に合格する必要があります。
年収は勤務先や雇用形態によって異なりますが、約350〜500万円でしょう。
病院・クリニック・保健所・企業などで働きの場は年々広がっています。

歯科衛生士とは幅広い世代のお口の健康を守る医療専門職

医療従事者という職業の方は非常に多く存在をしており、それぞれの専門知識を活かして業務をなされています。
歯科であれば歯科衛生士であり、専門医のサポートをおもな業務になされている方です。
そこでここでは、歯科衛生士とはどのような存在なのかを簡単に解説していきましょう。
おもに20世代から40代までの女性が活躍をされており、2年間専門学校に通ったのちに国家試験を受けられています。
歯科衛生士とは口腔ケアのスペシャリストで、歯石の除去からブラッシングも実施をされています。
昨今では国内でオーラルケアに対する認識が高まっており、幼いお子さんから年配にいたるまでのあらゆる世代のお口の健康を守られているほどです。
この歯科衛生士という職業は、日本独自のものとなっています。
アメリカや韓国などでは存在をしておらず、業務は看護師が担当をされています。
日本でも1980年代までは看護師がおこなっていましたが、1985年に新たに資格が誕生しました。

歯科衛生士の国家試験の内容とは?

歯科衛生士は医療系資格の1つで、歯科医院などに所属して患者さんのケアなどを担当します。
歯科医師の補助者的な仕事が多く、診療時におけるサポート業務はその代表的なものですが、歯石除去をはじめとする予防ケアや、歯磨きに関するアドバイスなどの保健指導は自ら単独で行うこともあります。
歯科衛生士は国家資格となっており、大学や専門学校などの養成施設で必要な単位を修めた後、国家試験に合格することで得ることができます。
試験は筆記テストのみとなっており、いわゆるマークシート方式による選択問題が出題されます。
出題内容は1.人体(歯・口腔を除く)の構造と機能2.歯・口腔の構造と機能3.疾病の成り立ち及び回復過程の促進4.歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み、5.歯科衛生士概論6.臨床歯科医学7.歯科予防処置論8.歯科保健指導論9.歯科診療補助論という9つの分野(2022年現在)から、全部で220問が出題されます。

歯科衛生士の平均年収はいくらくらい?

歯科衛生士になりたいと考えている方が多くいると思われます。
安定した仕事なので、主に女性の人気が高いです。
働く上で気になるのは、年収になるはずです。
歯科衛生士の平均年収は350万円から400万円くらいになります。
もっと多くの収入を望んでいる方がいるかもしれませんが、歯科医師でしかできない治療があるため、差が生じてしまうのは仕方ないです。
歯科衛生士は働きやすい仕事であることも人気の理由です。
子供が病気になった際は早退や休むことができる歯医者が多くあります。
家庭のこともしないといけないことを考えると、融通がきける仕事を選ぶことは大事なポイントです。
他の仕事であれば子供に何かあっても定時まで働かないといけないため、歯科衛生士は魅力的な仕事であることは明らかです。
結婚していれば、そこまで高い収入が無くても問題ありません。
ライフスタイルに合わせて働けるため、正社員ではなく、パートで働くケースも結構あります。

派遣歯科衛生士の時給や求人数はどれくらい?

派遣の歯科衛生士の時給は派遣先の会社などで違いますが、直接雇用の非常勤と比べると一般的に高いことが多いです。
派遣を利用する歯科医院では多く費用を負担していて、人が集まりにくい場所にある・何らかの理由で直接雇用する歯科衛生士が定着せず離職率の高いクリニックだったりします。
他に派遣の人が働いた分だけ派遣会社へ費用を支払う必要があるので、自分が貰っている以上に歯科医院は費用を使っていると言えます。
そのため、大体の歯科クリニックでは利用することが少なく、産休などの歯科衛生士がいなくて紹介予定派遣以外だと法的に利用出来ません。
また、長く働いてくれる人を求めていて期間限定の働き方が希望と合わない、偏見などを含めて良い印象がないなどの理由から敬遠していることもあるようです。
ただ、人手不足なのでそれでも利用したい病院や好意的な考え方のところもあり、求人件数もそれなりにありますが、直接雇用の方が多いようです。

歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

歯科衛生士と歯科助手の違いは国家資格の有無になります。
歯科衛生士は専門学校や大学の専門教育課程を3年から4年修行したうえで、国家試験に合格しないと就くことができない仕事です。
歯科医療行為を行う専門職で、歯石取りなどの歯科予防処置や子ども等に歯磨きの仕方などを指導する歯科保健指導、治療のサポートを行う歯科診療補助を行います。
それに対して、歯科助手は国家試験に合格しなくても就くことができる仕事です。
特に定められた資格が存在せず、歯科助手を養成する専門学校で1年から2年ぐらい学ぶ人が多いでしょう。
ただし、同じ歯科クリニックで働いていても、仕事内容が限られてしまいます。
歯科衛生士と違って医療行為を行うことができないため、事務作業や受付、医療行為を伴わない雑務に留まります。
歯科衛生士と歯科助手はやれることが限られてしまうだけでなく、給料面でも大きく異なります。
特に歯科助手に就きたいと思う人は、仕事内容や待遇などをよく理解しておくと良いでしょう。

歯科衛生士の給与・待遇面について

歯科衛生士の仕事に興味があるけれども、給与を始めとした待遇面について気になっている人も多いかもしれません。
一般的に歯科衛生士の給料は平均年収が356万円程度で、月給は様々な手当が入って23から27万円程度と言えます。
この初任給の平均は一般大卒の初任給を超える金額となっています。
また地域によっても待遇は異なり、その中でもやはり関東が良いと言えるでしょう。
大都市を抱えている関東や関西、中部地方でも初任給は高い傾向にあります。
年収は勤務先の規模別に見ると、大きな組織になればなるほど給与が高い傾向にあります。
ボーナスも大きな組織ほど高い傾向にあるでしょう。
歯科衛生士の9割ほどは歯科クリニックに勤務していて、主な収入源は保険診療です。
保険点数に関しては年齢やスキルに関係なく一律に設定されているため、これが年収の上限を抑えている原因にもなっています。
賞与やボーナスに関しては年間42から65万円ほどとなっています。
勤め先の規模や業績、勤務年数等により大きく異なります。
規模が大きければ大きいほど、ボーナスも高くなる傾向にあります。

歯科衛生士が辞めたいと思う瞬間とは?

どんなに自分が好きな職業についていたとしても、何かしらのことが理由でやめたくなる瞬間は訪れるものです。
歯科衛生士が辞めたいと思う瞬間としては、いくつかのものが該当しますが、その1つに人間関係が挙げられます。
一般的に歯科衛生士は女性スタッフ同士であることが多く、女同士の職場で気が合わなければ厄介なことになります。
特にスタッフの数が少ないクリニックなどで働いていれば、関係性の悪い人が1人いるだけでも居心地が悪くなるでしょう。
人間関係が原因となりやめるケースは、小規模医院の方が多い傾向にあります。
そして働きに見合った給料をもらえることができない時です。
初任給が少なくても昇給制度等がしっかり整っていれば、勤務年数が経過するごとに給料も増え、ボーナス込みの給与で換算した場合に、意外にももらっていたというケースも見られます。
給料は地域により差もあるため、近くのクリニックの求人を探して平均年収を調べてみることも1つの手段です。

歯科衛生士の職場の人間関係について

どのような職場であっても、仲間と力を合わせたチームワークが必要となります。
とくに医療現場であればその必要性が非常に高いものでしょう。
ここでは歯科における歯科衛生士の職場の人間関係について、詳しく見ていくことにします。
歯科衛生士は国家資格をパスした有資格者であり、歯科では専門医のサポートはもちろんのこと患者の口腔ケアも単独で実施をしないといけません。
人間関係においては常に専門医と良好なスタイルを保ちつつ、しっかりと個人で判断をして適切なケアに挑めるようにもすることが必要です。
歯科衛生士の補助は看護師または助手が担当をするので、この方々とも良好な形を作っておかないといけません。
歯科衛生士は一見すると医療従事者ではないように感じますが、現場で業務をする以上はこれに該当をします。
患者に対して最善を尽くせるようにするには、まずは職場の同僚たちと円満に働ける環境を持つことが理想的なあり方といえるものです。

歯科衛生士はサービス残業が多い?

サービス残業が発生しているところも存在していますし、少しでも残業した時は給料を支払ってくれる歯科もあります。
サービス残業の多さに関して、残念ながら職場環境に影響するのが実態です。
少しでもタダ働きを避けたい場合は、きちんと残業代を支払ってくれるところを選択し、歯科衛生士として仕事をすることがポイントです。
そのためにも求人に応募する際、福利厚生を細かくチェックしなくてはいけないです。
全額で残業代支給を行うところを選択することで、タダ働きを防ぐことが可能になります。
安心して仕事をすることができ、自分の頑張り次第で相当額のお金を稼げるようになるために大切です。
人によっては貴重な経験をするため、タダ働きを選択しても優秀な歯科衛生士として成長したいと考えている人もいます。
ただそれではたくさんのお金を獲得することができなくなりますし、プライベートに悪影響を及ぼすリスクが高まるので気をつけないといけません。

歯科衛生士に関する情報サイト
目指せ!歯科衛生士

このサイトでは、歯科衛生士を目指す人にとって、どんな職業であるのか、なるために必要な試験やどのような場所で働くことができるのか年収はどれくらいなのか、などのよくある疑問点について解決できるような情報をわかりやすく紹介していきます。ライフステージが変化しても働きやすい職業であり、ブランクが生じてもセミナー等の支援が手厚く職場復帰がしやすいため、特に女性において年々人気が高まっています。なおこの記事は現役の資格保有者が記載しています。

Search